米杉(ベイスギ・ウエスタンレッドシダー)

●米杉(べいすぎ)の特徴

米杉

学名:Thuja plicata

 産地:カナダ・米国の国境地帯、ロッキー山脈

 用途:屋根材・下地材・ウッドデッキ材

 特徴:通直な木理が屋外用の木材として作業場で賞賛されている。辺材は白色。心材は赤褐色から暗褐色。
    加工性・耐朽性にすぐれ含まれる精油分のため特有の芳香を持つ。加工の際に粉塵にアレルギー反応を
    起こすことがあり、注意が必要。
 仕上げ:最初から持つ色のよさと古色のため、特に仕上は必要ない。保存薬剤はあまり吸収しないが、元来耐久性がある。

 市場:上質の米杉は徐々に数が減少し、その結果価格も上がりつつある。しかし、依然として野外用に経済的な木材である。

 ※注意 ここに記載いたしました情報は、(有)ホルツマーケットが独自に取材した情報を基にご提供しております。
     記載された内容に関しまして、万が一、事実と異なる記載があった際には、ご面倒ですが、ご一報下さい。
     誤った情報であることが確認できました場合、訂正させていただきます。
     (参考資料:「木のデザイン図鑑 ~建築・インテリア・家具~」建築知識スーパームック ㈱建築知識)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA