桧(ひのき)

●桧(ひのき)の特徴

桧

学名:Chamaecyparis obtusa

 産地:本州(福島県・関東以西)

 用途:建築材一般、建具材

 特徴:針葉樹の中では、比較的耐水性に優れる。桧特有の香りも好まれる。加工性も良く、独特の光沢がある。
    塗装性も良好。欠点として死節が多い。

 市場:杉と並び取引量も比較的多いが、杉と比較して、大径木が少ないため、無地材の入手はやや難しく価格帯も高め。

 ・木曽桧:木理が通直で、年輪幅が小さく、加工性耐朽性に富む。狂いが少なく高級材として取引される

 ※注意 ここに記載いたしました情報は、(有)ホルツマーケットが独自に取材した情報を基にご提供しております。
     記載された内容に関しまして、万が一、事実と異なる記載があった際には、ご面倒ですが、ご一報下さい。
     誤った情報であることが確認できました場合、訂正させていただきます。
     (参考資料:「木のデザイン図鑑 ~建築・インテリア・家具~」建築知識スーパームック ㈱建築知識)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA