楢(なら)

●楢(なら)の特徴

楢

学名:Quercus serrata

 産地:北海道・本州・四国・九州・南サハリン・朝鮮

 用途:床材・家具材・化粧用単板

 特徴:辺心材の違いは比較的明瞭。辺材は白色から淡灰色。心材は濃灰褐色。交錯木理。肌目は粗。
    木芯より放射状に組織が伸びており、柾目挽きの板には虎斑と呼ばれる独特の文様が現れる。
    材質は重硬で乾燥加工共に手がかかる。辺材部の虫害が顕著で、辺材を使用する際は注意が必要。

 市場:近年では国産の楢の入手は困難で、その多くをロシア・中国産に頼っている。床材・家具材としての人気が高く、
    製品の寸法のバリエーション、流通量共に比較的豊富だが、近年は輸入量が減少してきている。寸法によっては以前と比較して入手が困難になった材である。
    価格帯はやや高い。

 ※注意 ここに記載いたしました情報は、(有)ホルツマーケットが独自に取材した情報を基にご提供しております。
     記載された内容に関しまして、万が一、事実と異なる記載があった際には、ご面倒ですが、ご一報下さい。
     誤った情報であることが確認できました場合、訂正させていただきます。
     (参考資料:「木のデザイン図鑑 ~建築・インテリア・家具~」建築知識スーパームック ㈱建築知識)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA