タモ

●タモの特徴

タモ

学名:Fraxinus mandshurica

 産地:北海道・本州(長野県以北)・サハリン・朝鮮

 用途:造作材建具材・家具材・化粧用単板・床材

 特徴:辺心材の差異明瞭。辺材は淡黄白色、心材は灰褐色。木理は通直。肌目は粗。やや重硬だが靭性・弾力性にとみ、
    広葉樹の中では加工性も比較的良。

 市場:近年は塩地材の代用として扱われることが多いが、楢材同様、国産材の入手が困難になってきている。
    現在取引されるものの多くは、中国・ロシア産の材である。以前に比べ、輸入材が安価になったことから、
    建築材・家具材として現在最も取引量の多い材のひとつであるが、蓄積量の低下と、中国での需要拡大に伴い
    輸入量も減少してきている。 現時点では入手は比較的容易。 価格帯は中程度。

 ※注意 ここに記載いたしました情報は、(有)ホルツマーケットが独自に取材した情報を基にご提供しております。
     記載された内容に関しまして、万が一、事実と異なる記載があった際には、ご面倒ですが、ご一報下さい。
     誤った情報であることが確認できました場合、訂正させていただきます。
     (参考資料:「木のデザイン図鑑 ~建築・インテリア・家具~」建築知識スーパームック ㈱建築知識)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA