楠(くす)

●楠(くす)の特徴

楠

学名:Cinnamomum camphora

 産地:本州(関東以西)・四国・九州・台湾・中国大陸

 用途:天井板・欄間・床柱・彫刻

 特徴:辺心材の差異はやや不明瞭。辺材は灰白色から淡黄褐色。心材は黄褐色から紅褐色、あるいは暗緑褐色が縞状に顕れる。
    材は緻密で加工もしやすく、仕上がりは良好。精油分を多く含むため耐湿耐朽性に優れる。樟脳の強い香気があり、
    防虫効果がある。

 市場:産出量の多い西日本では、比較的大径ものが取引され、天板やカウンター材として使用されている。
    寺社建築用材としても使用され、価格帯はやや高め。西日本においては入手は比較的容易。

 ※注意 ここに記載いたしました情報は、(有)ホルツマーケットが独自に取材した情報を基にご提供しております。
     記載された内容に関しまして、万が一、事実と異なる記載があった際には、ご面倒ですが、ご一報下さい。
     誤った情報であることが確認できました場合、訂正させていただきます。
     (参考資料:「木のデザイン図鑑 ~建築・インテリア・家具~」建築知識スーパームック ㈱建築知識)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA